スタバが好きだ

2019年、米国のスタバは150店舗閉めるらしいです。

管理職もずいぶんと解職になる模様。

いいんです。経営陣は手を打ってるんでしょう。

でもシュルツの想いを知ってる人なら、誰もが思っているはずです。

こんなことはしたくない。

 

色々と考えました。

株主として、地元スタバの常連客として、地域の人間として、珈琲好きとして。

そして、ブロガーとして、

 

自分のブログをメジャーにすることだなって思いました。

 

【2017.12頃】スタバ店舗数を調べてみた。 - スタバでコーヒーを飲もう!

↑この記事とか、Googleの検索で引っ掛からないんですよ。

古い数字ばかりがGoogleの結果で上がってて、最新の数字が欲しい人に簡単に手に入らないのは、Googleと僕の怠慢だと思います。

 

そして、商売繁盛の秘訣は客数だと伺いました。

日本ではそして多分世界でもそうでしょうが、新作フラペチーノばかりが話題になるスタバ。あれもこれもと欲張って宣伝してあぶはち取らずになるよりはいいですが、僕としては珈琲を推したい!!!!!!

フラペチーノ屋には用がないって思ってる層っていると思ってます。そこを拾いたい。

 

さらには、

「スタバが怖い!」がわからない人はマーケッターをやめなさい!

https://www.amazon.co.jp/dp/4798049182

なんて本まで出てる今、

スタバは怖くないよ、という啓蒙活動は存在価値があるのではないかと思いました。

 

基本的には「スタバの珈琲」好きが日々学びを深めていくブログにしたいと思っていますが、第一部で書いてきたようなことをまた書いていく必要があるなと思っています。

 

スタバの利点の一つは、どの街に行っても同じ豆を愉しめるところだと思います。

12月にはロースタリーが中目黒に出店するその前に、気合い入れていこうと思いました。

 

このブログを通して、スタバで笑顔を増やす。

 

これをテーマにブログを作って行こうと思います。

 

ありがとうございました。

 

よかったらお気軽にコメントを残していって下さい。励みになりま〜す!(^-^)